城東中学校、初代校長に比嘉豊樹氏

(左から)與那覇教頭、宮國教育長、比嘉校長、準備室事務を担当する中村礼さん=市役所城辺庁舎 社会・一般
(左から)與那覇教頭、宮國教育長、比嘉校長、準備室事務を担当する中村礼さん=市役所城辺庁舎
この記事は約1分で読めます。

城東中学校の来年4月の開校に向け、開校準備室の開設式が2日、市役所城辺庁舎で行われた。西城中学校の比嘉豊樹校長が城東中の初代校長に、與那覇慎也主事が教頭にそれぞれ就任した。就任は11月1日付。

同準備室は学校運営体制・指導体制の構築などの業務を行う。この日、宮國博教育長から比嘉校長に、これまで検討部会や策定委員会で協議され、積み上げられてきた同校実施計画の原案が手渡された。
比嘉校長は「兼任というのは珍しい形だが、議論を重ねた末の判断だと思う。子ども達の笑顔や夢づくりのため、現場で働く者として、来年4月1日に城東中が円滑に開校できるように務めたい。教育委員会をはじめとした関係機関の皆様には協力を引き続きお願いしたい」と語った。
宮國博教育長は「快く引き受けていただいた比嘉校長に感謝したい。與那覇教頭も開校に向け、しっかり準備を進めてほしい」と激励した。

タイトルとURLをコピーしました