政治

市議会臨時会、市長給料減額案を否決

ファイル 24102-1.jpgファイル 24102-2.jpg

 新庁舎開庁後初めてとなる宮古島市議会(山里雅彦議長)の臨時会本会議が12日、開かれた。座喜味一幸市長が就任後初めて議案を提出したが、先の市長選期間中に不適切な行為があった責任を取るとして市長給料を3カ月間減額する条例制定案は、野党の反対多数で否決された。野党側は「(提案の)具体的な理由が分からない」と討論した。新型コロナウイルス経済対策1億円を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案、空席となっている教育長に市文化協会前会長の大城裕子氏(57)を任命する同意案は全会一致で可決された。
[全文記事]