政治

死亡発表遅れで緊急質問 市議会定例会

 宮古島市議会3月定例会が開会した2日の本会議で、新型コロナウイルスでクラスター(感染者集団)が発生した市内の高齢者施設で感染した入所者9人が死亡したことについて、高吉幸光氏(公明)が県宮古地方本部との情報共有のあり方で緊急質問した。死亡確認から発表まで最も長いケースで17日間を要し、さらには1日当たり6人を一度に発表したことを問題視し、当局の対応のあり方に言及した。
[全文記事]