政治

副市長に伊川秀樹氏を提案 市長給料40%削減も

ファイル 24193-1.jpg

 宮古島市議会(山里雅彦議長)の3月定例会は4日、予算関連を除く議案の質疑が行われた。座喜味一幸市長は3日に提案した新副市長に県会計管理者の伊川秀樹氏(60)を選任する同意案について、長年にわたる県行政や宮古島市での経験を評価するとともに、「宮古島市を熟知し、大所高所から離島のありようについて力を発揮していただける」と述べ、理解を求めた。また、自らの給料減額について4月から3カ月間、40%減額する条例制定を提案。追加した両議案について、野党議員らの質問が相次いだ。
[全文記事]