プレミアムプランに長期割引の新コースが登場!

科学・環境

科学・環境

きょう「立夏」 梅雨入り知らせるコンロンカ色づく

 5日は二十四節気のひとつ「立夏(りっか)」。夏が始まり、陽気が増す時期で、暦の上では緑が茂り、田植えや種まきなどが始まるころ。春分と夏至の中間で、この日から「立秋(りっしゅう)」の前日までが「夏季」。沖縄地方では旧暦2・3月ごろの「うりずん」が終わり、梅雨がはじまる季節。梅雨入りの平年値は9日ごろとされる。[全文記事]...
科学・環境

ニトベギク各地で開花

 沖縄土産の健康食品「ニトベギク茶」として商品化もされているニトベギクが各地で開花し見ごろを迎えている。ヒマワリに似た鮮やかな橙色の花が集落を明るく彩っている。[全文記事]
科学・環境

カエンボク オレンジ色の花が満開

 宮古島各地の公園や民家の庭などに植栽されている常緑広葉樹のカエンボク(ノウゼンカズラ科)が、4月に入って炎のようなオレンジ色の花が満開となっている。沖縄での開花期は初夏ごろまでとされる。[全文記事]...
科学・環境

油状物大量漂着 海保「発見者は連絡を」

 宮古島海上保安部は23日、宮古地方の砂浜に多数の廃油ボールが漂着していると発表した。廃油ボールを発見した場合、むやみに触れず同保安部まで通報するよう市民に呼びかけている。[全文記事]...
科学・環境

うりずんに月桃咲く 鮮やかな赤と黄色に

 うりずんの季節を迎えて宮古島市内の原野や畑の境界などで月桃(ゲットウ)が咲き始めている。白いつぼみが開くと鮮やかな赤と黄色の花が咲く。その近くでは幼虫が月桃の葉を好んで食べるオオシロモンセセリも飛び回っていた=写真=。[全文記事]...
タイトルとURLをコピーしました