プレミアムプランに長期割引の新コースが登場!

政治

政治

宮古島でワクチン接種始まる 県内初めて

 12日、沖縄県初の高齢者向け新型コロナワクチン接種が、宮古島市の高齢者施設で始まった。9日に到着したファイザー社のワクチン1箱195瓶を使用し、約500人を対象に行われる予定。1瓶から5回接種可能とされていたが、この日接種を担当した下地診療所の打出啓二院長は6回分の採取が可能と発表。ワクチン供給が限られる中、接種対象の増加へ意欲を見せた。初回の接種には座喜味一幸市長も立ち合い「入所者から『これで安心だ』との声を聞き、市民に積極的に受けてほしいと実感した」と話した。[全文記事]...
政治

市長「歓送迎会、模合控えて」 まん防指定受け

 沖縄県が「まん延防止等重点措置」に指定されたことを受け、座喜味一幸市長は12日、市役所で会見を開き、飲食店に午後8時までの営業時間短縮要請、市民に不要不急の外出自粛や同措置指定区域への渡航の自粛などを求めた。要請期間は12日から5月5日までの24日間。市内高齢者施設で県内初のワクチン接種が12日から始まったことも発表した。[全文記事]...
政治

県全域に外出・移動自粛要請 「まん延防止」で

 新型コロナウイルス感染再拡大で政府の「まん延防止等重点措置」が12日から適用されることを受け、県は10日夕、対策本部会議で沖縄本島の9市を対象地域とするとともに、県内全域で不要不急の外出や移動の自粛を求めることを決定した。玉城デニー知事が同日夜、県庁で会見を開き明らかにした。[全文記事]...
政治

座喜味市長が感染防止で飲食店巡回

 座喜味一幸市長は9日、県新型コロナウイルス対策本部からの要請を受けて飲食店の新型コロナウイルス対策巡回活動を実施し、西里通りを中心に飲食店を一軒ずつ訪問した。市長自ら感染予防対策を引き続き徹底するよう要請し、手指消毒などの徹底を呼びかけるチラシを手渡した。[全文記事]...
政治

高齢者用ワクチン到着 12日接種開始へ

 9日、宮古島市に65歳以上の高齢者向け新型コロナワクチン1箱が到着し、市役所に運び込まれた。沖縄県に割り当てられた2箱を、うるま市とともに県内最初の接種地として受け取るもの。接種可能人数は487人で、高齢者施設入所者を対象に12日の週から実施する。市は一般市民の接種が本格化するのは5月中旬以降としており、すでに配布が開始された接種券を紛失しないよう厳重に保管するとともに、医療機関への問い合わせを控え、ワクチンに関する相談はコールセンターに行うよう呼びかけている。[全文記事]...
タイトルとURLをコピーしました