プレミアムプランに長期割引の新コースが登場!

連載・企画

連載・企画

井上美香のあんちいーやー④工事現場とビーチクリーンの共通点

 移住して9年。 宮古島は空き地や畑だったところに建物がたくさん建ち、昔ここには何があったか忘れてしまうほど。この島に生まれ育った人ならなおさら感じるだろう。[全文記事]
連載・企画

井上美香のあんちいーやー① 身近な問題から自分毎に

ビーチクリーンを主催して丸5年。冬には宮古へはるばる海を越えやってくる大量の漂着ゴミ。ゴミの種類も量も変わらないとめどなくやってくるゴミ達にはじめは怒りがあった。なぜ?どうして?日本以外の言葉が表示されたペットボトル。漁で使われる漁具、ビーチサンダルや、歯ブラシ、発泡スチロール、電球、蛍光灯に、注射器まで。なぜ焼却炉やリサイクル産業廃棄物として処理されるべきものたちがこんなにも海を越えてやってくるのだろう。[全文記事]...
連載・企画

つなぎびと「ドンコリism」

 「若者がいなくて、文化や歴史を受け継ぐ人が少なくなった」そんな嘆きがよく耳に届く。地域にとっての宝であるはずなのに、このまま消えてしまうのだろうか。そんな問いへの答えの糸口となったのが、島でイタリア料理店「ドンコリism」を営む望月直樹さんとの会話だった。[全文記事]...
連載・企画

市立図書館で市制15周年企画展、市花、鳥などパネル紹介

「宮古島市制15周年記念企画展・宮古島市のこと、いろいろ」(主催・未来創造センター)が26日、市立図書館のカウンター前で始まった。市木や市鳥、交流都市など市に関する色々なことをパネルで紹介している。10月4日まで。[全文記事]...
連載・企画

病気は治療より予防 ゴーヤー農家・久貝洸平さん

 ゴーヤー農家の久貝洸平さん(25)=市平良下里=は2019年に「おきなわ花と食のフェスティバル」野菜品評会の園芸部門(ゴーヤ―)で銀賞を受賞。ゴーヤー歴は4年でサトウキビも栽培している。 ゴーヤーは夏と冬の2期に渡って栽培。いまの時期は冬の収穫期の真っただ中だ。畑の広さはゴーヤーが12・5㌃でサトウキビは約150㌃。[全文記事]...
タイトルとURLをコピーしました